経常移転

Current Transfer

国民経済計算上、一般に移転とは、ある制度単位が、直接の対応物としてその見返りにいかなる財貨・サービスまたは資産も受け取ることなしに、財貨・サービスまたは資産を他の単位に対して供給する取引を指す。このうち、経常移転は、支払側の資産や貯蓄ではなく経常的な収入の中から充てられ、また受取側の投資の源泉とならないもので、資本移転(別項参照)と区別される移転であり、所得支出勘定に計上される。経常移転には、所得・富等に課される税、純社会負担、現物社会移転以外の社会給付(いずれも別項参照)、その他の経常移転からなる。その他の経常移転は、非生命純保険料、非生命保険金、一般政府内の経常移転、経常国際協力、他に分類されない経常移転(いずれも別項参照)から成る。

出典:内閣府