経常対外収支

Current External Balance

経常対外収支は、海外勘定のバランス項目の一つで、財貨・サービスの輸出や雇用者報酬、財産所得、経常移転の受取と、財貨・サービスの輸入や雇用者報酬、財産所得、経常移転の支払の差額という経常的な取引の収支を指す。「国際収支統計」(財務省・日本銀行)においては「経常収支」に相当する概念であるが、「海外勘定」は海外部門から見た当該国との間での収支であるため、符号は逆転して表示される(日本が海外に対して収支がプラス(黒字)であれば、経常対外収支はマイナス(赤字))。国民経済計算の海外勘定は「国際収支統計」の計数を組み替えて推計しており、「経常対外収支」のレベルでは「国際収支統計」の「経常収支」と概念上一致し、符号のみが異なる 。ただし、直近期間については、「海外直接投資に関する再投資収益」の計上時期の違いを要因として計数は一致しない(「海外直接投資に関する再投資収益」の項参照)。
なお、経常対外収支に海外に対する資本移転等の支払を加算し、海外からの資本移転等受取を控除したものが、海外部門からみた「純貸出(+)/純借入(-)」となる(一国経済の純貸出(+)/純借入(-)はこの符号を反転させたもの)。

出典:内閣府