現金・預金

Currency and Deposits

現金・預金は、大きくは「現金」と「預金」から成る。金融勘定では、現金の追加または処分、預金の開設・増加または引出しからが取引として記録され、期末貸借対照表勘定では、その蓄積としての残高が記録される。「現金・預金」は、資産側では各制度部門に計上される一方、負債側としては金融機関のみに計上される。このうち、現金は、中央銀行または政府によって発行または認定される紙幣や硬貨を指し、我が国の場合、日本銀行券(紙幣)及び貨幣(硬貨)から成る。預金としては、流動性預金、定期性預金、譲渡性預金、外貨預金のほか、日銀預け金、政府預金が含まれる。

出典:内閣府