C.I.F.建てとF.O.B.建て

C.I.F.建てとは、貨物代金のほか仕向け先までの運賃・保険料などを含む価格である。一方、F.O.B.建てとは、このような運賃・保険料など輸出船積み以降のコストを含まない価格である。
国民経済計算の海外勘定及び「国際収支統計」(財務省、日本銀行)では、財貨の所有権が移転した時点で輸出入を記録されることとなっており、計上される金額は、輸出、輸入ともF.O.B.建てとなっている。一方、「貿易統計」(財務省)では、記録時点は通関時であり、また計上される金額は通関金額となるため、輸出はF.O.B.建て、輸入はC.I.F.建てとなっている。

出典:内閣府