社会扶助給付

Social Assistance Benefits

社会扶助給付は、社会保険による給付と同様のニーズに応じるものであるが、社会負担によって参加が求められる社会保険制度の下で支払われるものではなく、一般政府または対家計民間非営利団体によって家計に支払われる経常移転を指す。定義上、所得の第2次分配勘定において、受取側では家計、支払側では一般政府、対家計民間非営利団体にのみ記録される。具体的には一般政府分には生活保護費(公費負担医療給付は現物社会移転に含まれるため除く)、恩給等が含まれ、対家計民間非営利団体分には無償の奨学金等が含まれる。なお、本項目は「現物社会移転以外の社会給付」の内訳項目であるが、基礎資料の制約上、現金分と現物分を区分することが困難なものがあるため、現物給付分も一部含む。

出典:内閣府