第1次所得バランス

Primary Income Balance

第1次所得バランスは、第1次所得の配分勘定におけるバランス項目であり、雇用者報酬(家計のみに発生)や営業余剰・混合所得(非金融法人企業、金融機関、家計のみに発生)、生産・輸入品に課される税-補助金(一般政府のみに発生)、財産所得の受取の合計(全制度部門に発生)から、財産所得の支払の合計(全制度部門に発生)を控除したものとして導出される。所得の第2次分配勘定では、税や社会保障等の経常移転による再分配が行われ、可処分所得が導出されるが、これに対して第1次所得バランスは、いわば再分配前の所得と解することができる。
第1次所得バランスは、固定資本減耗を含む(控除前の)「総」ベースと、これを含まない(控除後の)「純」ベースの双方で記録される。第1次所得バランスを5つの居住者制度部門で合計したものは、概念的には「国民(総)所得」に一致する(ただし、統計上の不突合から実際には一致しない)。また、「第1次所得バランス(純)」の一国の合計は「国民所得(NI)」(生産・輸入品に課される税-補助金を含む市場価格表示)となる。

出典:内閣府