持分・投資信託受益証券

Equity and Investment Fund Shares

持分・投資信託受益証券は、債権保有者が発行主体に対して残余請求権を持っているような金融資産であり、大きく「持分」と「投資信託受益証券」に分かれる。このうち、持分は、我が国において設立されている各種法人に対する持分であり、金融商品取引法上の株式会社が発行する株式のほか、特別法に基づき設置された特殊法人等に対する持分が含まれ、国民経済計算体系では、これを発行する制度単位の負債として扱われる。持分は、さらに上場株式、非上場株式、その他の持分から成る。このうち、その他の持分は、証券の形態ではない持分であり、政府による特殊法人等への出資金や準法人企業に対する持分を指す。
一方、投資信託受益証券は、投資信託委託会社が、自ら保有する投資信託受益権を分割し、投資信託の購入主体に対して発行した受益証券、及び、投資法人の発行する投資証券を指す。金融商品取引法における、投資信託及び投資法人に関する法律に規定する投資信託の受益証券及び投資証券に該当する。

出典:内閣府