顕微光電子分光法

物質に光をあてると、光励起された物質の表面から放出される現象を光電子放出といい、放出させた電子を光電子という。この光電効果の法則の発見により、アインシュタインは、1921年にノーベル賞受賞。その光電子のエネルギー分布を分光(スペクトル)測定することで、その元素組成や物質の物性(電子状態)を研究する手法。

出典:文部科学省