非侵襲的計測

皮膚を診断する場合、的確な診断をするには最終的には皮膚を切り取り、顕微鏡での観察や検査を行う手法をとらざるを得ないが、疾患部分の皮膚を切り取ることは、そもそも病患部の皮膚を切り取ること、患者への負担等から診断の度毎に行うなど何回も行うことは無理。このため、皮膚を切り取ることなく(非侵襲)、そのままの状態で必要な診断(計測)を行う技術。

出典:文部科学省