極限環境(超高速流、超低温流、超希薄流など)

常温常圧(大気圧・室温)からかけ離れた環境、たとえばマイナス200℃で気体が液体になる寸前の状態や、圧力が真空に近い状態である特殊な環境を示す。極限環境で起こる気体の流れを超高速流、超低温流、超希薄流と呼ぶ。

出典:文部科学省