ニューロインフォマティクス

OECDにおいては、「神経科学と情報科学研究分野を総合して、脳のデータを有効に利用できるようにするための情報流通を図ること、及びそれらのデータ利用のためのツールと手法を開発し、またこれを応用すること。」とされており、現在具体的な内容の検討が進められているところ。脳の機能と構造を解明するために有効であると期待されている。

出典:文部科学省