X線解析法

X線を結晶に当てて生じる回折パターンを解析し、結晶構造を解明する方法。×線の特定の入射角に対応して結晶格子点にある原子平面で散乱反射が起こり、写真乾板上に一連のスポットが現れる。各スポットとパターンの中心点からの距離が結晶中の繰り返し構造の間隔や周期の逆数となることから、結晶の原子配列を解読することができる。

出典:文部科学省