NMR法

1970~80年代に、スイス、オランダなど欧州で発展した構造解析手法。結晶を作ることなく溶液中で立体構造が決定でき、動きに関する情報も得られる。感度の問題等から対象となる分子の大きさに制限があり、蛋白質の場合では、200残基程度が限界である。分光法の1つで磁場を用い分子内の原子核スピンを観察し、原子の化学的な環境、共有結合情報、原紙間距離等の情報を得た後、これらの制限を満足する立体構造を計算科学的に求める。

出典:文部科学省