スポンサーリンク

拡散に対する安全保障構想

スポンサーリンク

拡散に対する安全保障構想

大量破壊兵器等の拡散防止のため、各国が、国際法・各国国内法の範囲内でとりうる措置を実施・検討するための取組。(PSI:Proliferation Security Intiative)。
出典:海洋基本計画(首相官邸)

拡散に対する安全保障構想

2003年5月、ブッシュ米国大統領が提唱した取組であり、国際社会の平和と安定に対する脅威である大量破壊兵器・ミサイル及びそれらの関連物資の拡散を阻止するために、参加国が共同してとり得る移転(transfer)及び輸送(transport)の阻止のための措置を、国際法・各国国内法の範囲内で検討・実践するもの。こうした PSIの活動の基本原則は、「阻止原則宣言」にまとめられており、2016年1月現在、約100か国がこれを支持し、実質的に PSIの活動に参加・協力している。PSIでは、阻止訓練の実施や情報交換等を通じ、関係国間の連携強化を図るとともに、PSIへの理解・支持を拡大するための取組(アウトリーチ活動)を積極的に行っている。
出典:外務省 日本の軍縮・不拡散外交

タイトルとURLをコピーしました