上げ足の差し込み線

読み方:あげあしのさしこみせん
別表記:上げ足の差込み線
別表記:上げ足の差込線

上げ足の差し込み線とは、上昇トレンドの最中に、前日の終値よりも放れた安値寄り付き、終値が前日のザラ場まで戻った陽線ローソク足のこと。

酒田五法では、差し込み線の出現は追撃売りの急所とされるが、上げ足の差し込み線は買いのタイミングとなる。

下の図では、上昇トレンドの中で陰線が出現し、上昇もこれまでかという所で、さらに翌日も安く始まったことから、いよいよトレンド転換かと思いがちである。しかし、ここは目先の利益確定売りに押されている局面で、売りが収まると買い勢力が勝って高値引けとなった。まだまだ買い勢力の強いことがわかる局面である。

上げ足の差し込み線のローソク足例
上げ足の差し込み線

下のチャートは、三菱電機(6503)の月足チャートである。2014年2月(矢印の陽線)に差し込み線が出現している。上昇トレンド中での差し込み線であるため、上げ足の差し込み線となる。その後、もみ合いを続け再び上昇していることが確認できる。

三菱電機(6503)のチャートで出現した上げ足の差し込み線
上げ足の差し込み線の例