戻り売り

読み方:もどりうり

戻り売りとは、下降相場において、一時的に価格が上昇した時に売りを仕掛けることである。

一般的に下降相場では、上げ下げを繰り返しながら価格が徐々に下がっていく。下げの局面が続くと、そろそろ底値だから買いを入れようとする投資家が増え、一時的に価格が上昇することがある。一方で、まだ下げると思う投資家が売りを仕掛ける。この時点では、売り圧力買い圧力が拮抗する。

戻り売りの勢力が強いと下降相場は継続される。戻り売りの勢力が弱いと下降相場が解消され、上昇相場へと転じる。戻り売りが出たからといって、再び価格が下落するとは限らない。

  • 前の記事
    NO IMAGE

    ND倍率

  • 次の記事

    記事がありません