団子天井

読み方:だんごてんじょう
英語表記:rounded top

団子天井とは、天井圏において数か月にわたりレンジ相場を形成した後に、を開けた陰線が出現するチャートのことである。チャートの形が団子の形に似ていることから団子天井といわれている。

団子天井では、レンジ相場において次第に買い圧力が弱まっていき、上値を切り下げていく。いよいよ買い支えができなくなると窓を開けた陰線が出現する。この時点で売り方買い方の勢いが逆転して、売り一辺倒になる。

団子天井のチャート例
団子天井のチャート

団子天井では、窓を開けた陰線の確認後が売りのエントリーポイントとなる。

なお、団子天井のチャートを逆にしたチャートを鍋底という。