有価証券

有価証券 – 金融広報中央委員会

証券市場での売買の対象として金融商品取引法に列挙されている証券。国債、地方債、社債や株券、投資信託の受益証券などが代表的なものである。

有価証券は国や企業の資金調達手段として利用されている。また、有価証券は一般に一定の単位で売買できるため、企業や個人の投資対象となっている。これらは一定額の資本の提供とそれに基づく諸権利を請求する権利を表す資本証券と呼ばれている。

その他に、商品券のように商品やサービスに対する権利を表す証券や、手形や小切手など金銭の支払いを請求する権利を表す証券も、広い意味で有価証券に含まれる。

(出所:金融広報中央委員会)

有価証券 – 病院会計準則

国債、地方債、株式、社債、証券投資信託の受益証券などのうち満期保有目的の債券、その他有価証券及び市場価格のない有価証券。

出典:病院会計準則(厚生労働省)