サービサー

サービサー

SPCに代って、債権回収業務を行う主体のこと。通常、オリジネーターがサービサーになるケースが多い。また、オリジネーターの信用力が低下した場合、別のサービサーがオリジネーターに代って資金回収することがある。

出典:日本銀行

サービサー

借金などの取り立てを専門とする債権回収専門業者。日本でも平成11年2月の「債権管理回収業に関する特別措置法(通称:サービサー法)」 の施行により、民間債権回収会社の設立が可能となった。

出典:日本政策投資銀行

サービサー

「特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律」上、特定目的会社(SPC)は特定資産(不動産、貸付債権、リース・クレジット債権等)を流動化するための単なる「器」にすぎず、自らは不動産の開発・再開発、賃料・地代の収受等の資産の運営・管理を行うことができない。そのため、第三者に資産の運営・管理・処分の業務を委託することが義務づけられている。このような業務委託を受ける第三者をサービサーという。

(出所:企業年金連合会)