節分天井

読み方:せつぶんてんじょう
別表記:節分天井彼岸底

節分天井とは、株式相場において、節分の時期に天井を形成して、彼岸の時期に安値をつけるというアノマリーのことである。節分天井彼岸底ともいう。

1月の新春相場から2月上旬の節分の時期までは相場が上昇し、その後、彼岸の時期になると3月決算などにより相場は調整局面を迎え、徐々に下落していくというものである。