社会保険料

社会保険料

社会保険制度を運用するために国民が拠出する財貨のこと。社会保険制度とは、国民が病気、けが、出産、死亡、老齢、障害、失業など生活の困難をもたらすいろいろな事故(保険事故)に遭遇した場合に一定の給付を行い、その生活の安定を図ることを目的とした強制加入の保険制度のこと。

出所:日本の財政を考える(財務省)

社会保険料

家族や個人の力では支えきれない様々な生活の不安に対応するための社会的制度としての保障費のこと。

いつも健康に生活することができ、元気に働くことができるとは限らない。高齢は必ず誰にでも訪れるものである。社会生活上の事故(疾病、傷害)、死亡、退職、失業、老齢など、それによって生じる生計の破綻を防止するため、保険料を主要財源として、一定の基準によって給付が行われ、生活保障を受けることができる。

私たちが納めている保険料としては、

医療保険(健康保険)
年金保険
雇用保険(失業保険)
介護保険
などがある。

(出所:金融広報中央委員会)