特定出資

SPC法上、特定目的会社の設立に際し必要となる資本金のことであり、SPC法第19条により10万円を下回ってはならない旨規定されている。特定出資にかかる持分を有する者を特定社員という。
出典:日本政策投資銀行