テイク・アンド・ペイ契約

テイク・オア・ペイとほぼ同様の内容であるが、決定的な違いは、テイク・アンド・ペイにおいては、売手が財またはサービスを提供した場合にのみ、買手に支払い責任が生ずる点である。従って、売手の責任において約定の財またはサービスの提供が行われなかった場合には買手は支払い義務を免除される。
出典:日本政策投資銀行