上げ三法

上げ三法とは

読み方:あげさんぽう
対義語:下げ三法

上げ三法とは、上昇トレンドにおいて、大陽線が出現した後に3日間続けて陰線が出現し、その後、高値寄りの陽線が出現するローソク足群のことである。

上げ三法の条件は、まず上昇トレンドにおける大陽線の出現である。次に、陰線3本の出現である。陰線3本は、いずれも大陽線の値幅内に収まることが条件である。大陽線の値幅より下げた場合は三羽烏(黒三兵)となり、この時点で相場は下降することがある。

陰線3本の次に、高値寄りした陽線が出現すれば上げ三法の形成完了である。上げ三法での買いのエントリーポイントは、高値寄りの陽線を確認した時点である。

上げ三法の条件

  • 上昇トレンドであること
  • 大陽線が出現すること
  • 陰線が3本続くこと
  • 陰線は3本とも大陽線の値幅内に収まっていること
  • 高値寄りした陽線が出現すること

 

上げ三法のローソク足例
上げ三法のローソク足例

上げ三法に出現する陰線3本を1本のローソク足にまとめると、陽の陰はらみの形になる。陽の陰はらみは、相場の転換期を示唆するが、その後に出現するローソク足が高値寄りの陽線の場合は、上昇トレンドが維持されて買いのエントリーポイントになる。もし、安値で寄り付いた時は、上昇トレンドは維持されないことが多い。

上げ三法の陰線3本をまとめたローソク足
上げ三法とはらみ線

酒田五法と上げ三法

酒田五法の五法とは、三山、三川、三空、三兵、そして三法の5つを指す。このうち三法は、「売り」「書い」「休む」の3つを指している。

上げ三法では、3本の陰線の並びが「休む」に相当する。いわゆるアヤ押しといって、上昇トレンドにある相場が一時的に少しだけ下がることである。大きく下がった場合には三羽烏を形成してしまうので、上げ三法にはならない。上げ三法の最も重要なポイントは、この「休む」にある。チャート分析では、アヤ押しなのか、あるいは三羽烏なのかを見極めることが大切である。

三法の「買い」は、最後の高値寄りの陽線である。酒田五法では、「上げ三法は仕手の気により生ずる興味ある現象なり」として、買いのポイントの1つに挙げている。

ちなみに、三法には上げ三法の他に、下げ三法、上放れ三法、下放れ三法などがある。

上げ三法にならないチャート例

上げ三法にならないチャート例として、上記で三羽烏の例を紹介したが、この他に上げ三法とは言えないチャート例をいくつか紹介する。

上げ三法にならないチャート例

  • (1)は、1本目の陰線が、最初の大陽線より上に出現したチャートである。この場合は上げ三法とはならない。3本の陰線は、すべて大陽線の値幅内に収まらなければならない。
  • (2)は、アヤ押し中に陽線が出現したチャートである。アヤ押し中の3本のローソク足は、すべて陰線でなければならない。ただし、3本のローソク足が最初の大陽線のはらみ線の形になっていたら上げ三法と考える場合もある。
  • (3)は、最初の陽線が大陽線ではないチャートである。上げ三法の最初のローソク足は大陽線でなければならない。
  • (4)は、最後の陽線が安値寄りしているチャートである。最後のローソク足は、高値寄りした陽線でなければ上げ三法にはならない。