取引事例比較法

原価法、収益還元法と並び、物件価額(Value)を求める鑑定評価の代表的な一手法であり、多数の取引事例を収集して適切な事例の選択を行い、これらに係る取引価格に必要に応じて事情補正及び時点修正を行い、かつ、地域要因の比較及び個別的要因の比較を行って求められた価格を比較考量し、これによって対象不動産の資産価格を求める手法。
出典:日本政策投資銀行