トリプルゴールデンクロス

英語表記:triple golden cross
別表記:トリプルGC
対義語:トリプルデッドクロス

トリプルゴールデンクロスとは、株価やFXのチャート分析において、短期移動平均線と中期移動平均線、長期移動平均線の3本の移動平均線によって形成されるゴールデンクロスのことである。トリプルゴールデンクロスの形成後は、株価は上昇する傾向にある。

トリプルゴールデンクロスが成立する条件は、前日の移動平均値が「短期移動平均線<中期移動平均線<長期移動平均線」だったものが「短期移動平均線>中期移動平均線>長期移動平均線」に変わった時である。

トリプルゴールデンクロスの例
トリプルゴールデンクロスのチャート例

上のチャートは、6日移動平均線と13日移動平均線、26日移動平均線を表したもので、黄色い丸囲みの部分がトリプルゴールデンクロスを形成した局面である。青色の6日移動平均線が下位にあり、緑色の13日移動平均線が中位、赤色の26日移動平均線が上位にある。翌日は短期移動平均線が、13日と26日の移動平均線を上回って上位に位置し、中位に中期移動平均線、下位に長期移動平均線が位置してトリプルゴールデンクロスを形成している。

トリプルゴールデンクロスでは、6日、13日、26日の3本の移動平均線を用いるのが一般的だが、短期分析では5日、10日、15日を用いたり、長期分析では15日、30日、75日を用いたりすることがある。

ちなみに、トリプルゴールデンクロスに対して、3本の移動平均線によって形成されるデッドクロスをトリプルデッドクロスという。