信託

財産権を有する者(=委託者)が信託契約等により、委託者以外の他人(=受託者)に財産権(=信託財産)の名義と管理処分権を付与し、受託者は一定の目的(=信託目的)に従って、委託者本人または他の第三者(=受益者)のために、受託者にその財産権を管理(運用、改良、開発などを含む)または処分(売却、地上権、抵当権、賃借権などの設定)させる法律関係。不動産流動化では信託が用いられるケースが多い。
出典:日本政策投資銀行