スポンサーリンク

TOM効果

スポンサーリンク

TOM効果の意味

読み方:トムこうか
英語表記:turn of the month effect

TOM効果とは、月末に株価が下がって、翌月の初めに株価が上がるというアノマリーである。TOM効果のTOMは、turn of the month effect の略で、日本語では「月替わり」と訳す。

TOM効果の根拠は、月末のヘッジファンドによるポジション調整売りにあるとされる。

TOM効果を用いた売買手法は、月末に株を買い、翌月初に株を売るというものである。

TOM効果の検証

イギリスの大手銀行傘下の資金運用会社では、TOM効果を用いた日経平均のファンドを運用していたことがある。運用会社の手法は、月末5日前の終値付近で日経平均先物を買い、翌月立ち合い2日目の終値付近で売るというものである。

上記手法を、日経平均レバレッジ上場投信(1570)において運用すると次のような結果が出た。

期間は2012年4月から2018年10月まで。日経平均レバレッジ上場投信の株式を月末5日前の終値で1株買い、翌月2日目の終値で売った場合。

期 間 株価推移 損益
2012/4/23~2012/5/2 4350→4200 -150
2012/5/25~2012/6/4 3505→3265 -240
2012/6/25~2012/7/3 3615→3890 +275
2012/7/25~2012/8/2 3310→3530 +220
2012/8/27~2012/9/4 3885→3625 -260
2012/9/24~2012/10/2 3850→3680 -170
2012/12/21~2013/1/7 4685→5350 +665
2013/1/25~2013/2/4 5630→5970 +340
2013/2/22~2013/3/4 6120→6350 +230
2013/3/25~2013/4/2 7370→6830 -540
2013/4/23~2013/5/2 8590→8820 +230
2013/5/27~2013/6/4 9180→8570 -610
2013/6/24~2013/7/2 7710→9020 +1310
2013/7/25~2013/8/2 9590→9410 -180
2013/8/26~2013/9/3 8310→8700 390
2013/9/24~2013/10/2 9710→9010 -700
2013/12/24~2014/1/7 11220→11110 -110
2014/1/27~2014/2/4 9980→8670 -1310
2014/2/24~2014/3/4 9630→9470 -160
2014/3/25~2014/4/2 9040→9850 +810
2014/4/23~2014/5/2 9290→9160 -130
2014/5/26~2014/6/3 9310→9890 +580
2014/6/24~2014/7/2 10330→10310 -20
2014/7/25~2014/8/4 10410→10460 +50
2014/8/25~2014/9/2 10600→10680 +80
2014/9/24~2014/10/2 11360→10810 -550
2014/12/24~2015/1/6 13740→12330 -1410
2015/1/26~2015/2/3 13110→12900 -210
2015/2/23~2015/3/3 14630→15190 +560
2015/3/25~2015/4/2 16700→16120 -580
2015/4/23~2015/5/7 17630→16040 -1590
2015/5/25~2015/6/2 17930→18150 +220
2015/6/24~2015/7/2 18680→18040 -640
2015/7/27~2015/8/4 17700→17940 +240
2015/8/25~2015/9/2 13500→13840 +340
2015/9/24~2015/10/2 12960→13230 +270
2015/12/24~2016/1/5 14730→14080 -650
2016/1/25~2016/2/2 12090→12980 +890
2016/2/23~2016/3/2 10420→11310 +890
2016/3/25~2016/4/4 11640→10590 -1050
2016/4/22~2016/5/6 12520→10510 -2010
2016/5/25~2016/6/2 11350→11050 -300
2016/6/24~2016/7/4 8860→9910 +1050
2016/7/25~2016/8/2 10980→10660 -320
2016/8/25~2016/9/2 10850→11350 +500
2016/9/26~2016/10/4 10780→11170 +390
2016/12/26~2017/1/5 14910→15140 +230
2017/1/25~2017/2/2 14370→14130 -240
2017/2/22~2017/3/2 14840→15120 +280
2017/3/27~2017/4/4 14180→14150 -30
2017/4/24~2017/5/2 14210→15070 +860
2017/5/25~2017/6/2 15630→16250 +620
2017/6/26~2017/7/4 16140→15980 -160
2017/7/25~2017/8/2 15850→16050 +200
2017/8/25~2017/9/4 15040→15130 +90
2017/9/25~2017/10/3 16540→17120 +580
2017/12/25~2018/1/5 21070→22570 +1500
2018/1/25~2018/2/2 22450→21660 -790
2018/2/22~2018/3/2 18750→17800 -950
2018/3/26~2018/4/3 17000→18150 +1150
2018/4/23~2018/5/2 19550→20190 +640
2018/5/25~2018/6/4 20170→20180 +10
2018/6/25~2018/7/3 19910→18950 -960
2018/7/25~2018/8/2 20380→20160 -220
2018/8/27~2018/9/4 20700→20540 -160
2018/9/21~2018/10/2 22750→23780 +1030

およそ6年半の運用で、320円のプラスという結果だった。(年利換算するとおよそ0.006%)

タイトルとURLをコピーしました