VFM

租税の対価として最も価値あるサービスを提供するという考え方。PFIはライフサイクルコストの削減、民間事業者への適切なリスクの移転等によりVFMを達成する点にメリットがある。公共が直接サービス を提供する場合に負担するコスト(PSC)と、PFIを実施した場合に公共が負担するコストとを現在価値ベースで比較し、移転したリスクを定量化したものや定性的評価を加味して、PFIで実施するかどうかを決める。
出典:日本政策投資銀行