WACC法

加重平均資本コスト法。DCF法における割引率として用いられることが多い。ここにいう資本コストとは、負債に対する利払いと、株式に対する収益率 (配当及びキャピタルゲイン)のことであり、WACCは負債の有するタックスシールド (法人税節減効果)を加味した上で、これら各調達形態の諸コストを加重平均したもの。
出典:日本政策投資銀行