押し目待ちに押し目なし

読み方:おしめまちにおしめなし

押し目待ちに押し目なしとは、押し目を待っていても、自分の思い通りの株価では買えない、という意味の格言である。

上昇トレンド中の銘柄を拾うには、押し目買いが1つのポイントとなる。しかし、株価が下がった時点では、もっと下がるだろうという心理が働いてなかなか買い出動できない。その間に株価は上昇し、結局は押し目買いできなかったというのが常である。

押し目待ちに押し目なしは、あまり欲張っていては、儲けるチャンスも逃してしまうという教えでもある。押し目買いを狙うなら、あらかじめ指値注文をしておくことが望ましい。