ワラント債

ワラント債 – 債券用語

読み方:ワラントさい
別名:新株予約権付社債
英語表記:warrant

ワラント債とは、社債の1つ。償還日までの間に利子が得られる。また、権利行使価格で株式を購入することもできる。そのため、株価が値上がりすれば株券を買い付けて、時価で売却することにより利益を得ることもできる。

ワラント債 – 企業年金連合会

ワラント債とは、一定の値段(行使価格)で発行会社の株式を買える権利(新株引受権=ワラント)の付いた社債。ワラント債は、社債部分とワラント部分を分離して販売できない「非分離型」と社債部分とワラント部分を別々に流通させることのできる「分離型」の二種類がある。現在では「分離型」が一般的である。社債部分は普通社債と同様に、定期的に利息が受け取れ、満期には社債部分が額面全額で償還される。

(出所:企業年金連合会)