スポンサーリンク

WPA

無線LANの暗号化方式「Wi-Fi Protected Access」(ワイファイ・プロテクテッド・アクセス)のひとつで、従来のWEP方式によるSSIDとWEPキーに加えて、ユーザ認証機能を備え、暗号鍵を一定時間ごとに自動的に更新する「TKIP」(Temporal Key Integrity Protocol)と呼ばれる暗号化プロトコルを使用しています。 WPAには、家庭など小規模なネットワークを想定したWPA-PSKと、企業などの大規模なネットワークで利用されるWPA-EAPがあります。
出典:国民のための情報セキュリティサイト(総務省)

タイトルとURLをコピーしました