世界貿易機関

世界貿易機関

読み方:せかいぼうえききかん
別名:WTO
別名:ダブリュティーオー
英語表記:World Trade Organization

1995年1月1日、「世界貿易機関を設立するマラケシュ協定」により設立された国際機関。WTO協定の実施及び運用、多角的貿易関係に関する加盟国間の交渉のための場の提供等を任務とする。

出所:国際関係略語集(財務省)

世界貿易機関

品物やサービスなどの貿易がルールに基づいて円滑に行われることを助け、加盟国間の紛争を解決し、更に自由で公正な貿易を進めるための多国間貿易交渉(ラウンド)を開催することを目的とする国際貿易に関するルールを取扱う唯一の国際機関。1995年設立。(WTO:World Trade Organization)

出典:海洋基本計画(首相官邸)

世界貿易機関

自由貿易促進を主たる目的として作られた国際機関。GATT(ガット)ウルグアイ・ラウンドにおける合意に基づき、マラケシュ宣言により1995年1月1日にGATTを発展解消させて成立した。WTOはGATTを継承したものであるが、GATTが協定に留まったのに対し、WTOは機関であるのが根本的な違いである。(1)自由(関税の低減、数量制限の原則禁止)、(2)無差別(最恵国待遇、内国民待遇)、(3)多角的通商体制、を基本原則としている。物品貿易だけでなく金融、情報通信、知的財産権やサービス貿易も含めた包括的な国際通商ルールを協議する場となっている。対抗処置の発動では、紛争処理機関の提訴に対し全加盟国が反対しなければ採択されるという逆コンセンサス方式を採用した強力な紛争処理能力を持つ。これは国際組織としては稀な例であり、コンセンサス方式を採っていたGATTとの大きな違いで、WTOの特徴の一つといえる。スイスのジュネーブに常設事務局が置かれている。

出典:内閣府経済社会総合研究所